ホーム   >   活動報告  >  会員活動報告  >  50.NPO法人 里の楽校

会員活動報告
50.NPO法人 里の楽校
 里の楽校は、1999年以来、地元の有機栽培農家や流域の自然と文化を考えるNGOと共に、子どもに地域の自然と文化を体験させる「地域密着型環境教育」活動を展開しています。①感性豊かな子どもの育成②地域活動のネットワーク化③環境教育リーダーの育成を主な目的に掲げています。
 
川と里と森を舞台に繰り広げる「夏の子どもキャンプ」は、小学生約50名を対象に、学生リーダー約20名、スタッフ約15名で取り組む活動で、今年で18年目を迎えます。地域の特質や魅力を熟知している地元のスタッフやリーダーが、環境資源を生かしたオリジナルのプログラムを展開します。伝承説話の再話に基づく「里の劇場化(河童などのキャラクターと里を舞台に織り成す物語キャンプ)」、食農体験、節水や川の浄化、エコマネーなど、ユニークなプログラムが盛りだくさん!川や森での遊びや、殺生や収穫など食べ物についての体験を通して、「自然」や「いのち」に対する感性を育みます。わくわくする遊びや冒険を通して、人に向かう力や自立心も育ちます。
里の楽校では普通の学校では教えてくれないこと、体験できないことばかり。一人でも勇気を出して参加してみよう。校長先生はじめ、楽しい学生リーダーや仲間が待ってるよ!

・春休み「親子キャンプ」
 開催時期:3月後半
 対象:小学1~6年生とその父兄 約35人 1泊2日

・夏休み「子どもキャンプ」
 開催時期:8月中頃
 対象:小学1~6年生 約35人 3泊4日
 ※ 参加者・ご家族へ事前説明会がございます。

・里の楽校 冬の陣
 開催時期:12月後半
 対象:小学1~6年生とその父兄  約35人 日帰り

・その他
 元井戸エコアップ大作戦(5月)、ホタル観察会(6月)、ビオトープ観察会(8月)、瀬戸谷まるかじり(11月)など






一覧に戻る